株式会社 日本エレクトリック・インスルメント
English       お問合せ
NEIウェブサイト > 企業情報 > 沿革

沿革

1965年9月

東京都目黒区自由が丘にて設立、営業開始

1966年3月

我が国で初めてF.R.P材形成の風向風速計を開発、販売。好評をはくす

1968年3月

ベクトルアネモメーターの開発及び演算器の開発による三次元方式の風向風速測定器の販売を開始する

エレクトロニクス応用方式の自動気象観測システムの本格的販売開始

1974年4月

横浜市戸塚区平戸にて横浜工場創業開始

プロペラ型風速風向計の増産、そして他社に先駆けデジタル気象観測システムを、販売開始する

1982年11月

東京都渋谷区円山町に東京営業所開設

1986年3月

世界に先駆け2線接統式風向風速計ライトベーン販売開始

1989年3月

防衛庁殿納入開始

1989年4月

FWS-9800E型気象情報収集装置が自治省消防庁殿補助対象となる

1990年3月

気象庁殿航空用風観測システム納入開始

1993年1月

大阪営業所開設

1994年7月

創立30周年記念行事開催

1995年8月

東京都世田谷区上野毛にNEIビル開設

1996年8月

風向風速計「スーパーライトベーン」開発、販売開始

1997年4月

スイッチング電源メーカー(株)テクノエレクトリックヘ資本参加し、クループ企業とする

1997年11月

船舶用旋回窓、電動ワイパーの販売開始

1998年9月

タッチパネル式データロガーの販売開始

1999年2月

WindPress(NEI情報誌)創刊

2000年4月

ISO9001認証取得

2000年10月

船舶用風向風速計CE認証取得
テクノエレクトリックISO9001認証取得

2002年7月

東京都ヒートアイランド現象解明の気象観測装置納入

2002年9月

野澤侑司(NEI代表取締役社長)が(株)小笠原計器製作所の代表取締役社長に就任

2003年7月

VDR(航海情報記憶装置)1号機を(株)商船三井殿に納入

2004年6月

40周年記念総合カタログを発行

2005年5月

ISO14001取得

2005年12月

気象庁アメダスに風向風速計納入開始

2006年7月

目黒区中央町の(株)小笠原計器製作所敷地内に新社屋「NEI・OKグループビル」落成。(株)日本エレクトリック・インスルメントと(株)小笠原計器製作所の技術部門、営業部門が集結し業務を開始

2007年1月

台湾新幹線開業。沿線の安全監視にNEIの風向風速計、雨量計、水位計が採用

2009年3月

目黒事業所にて大型風洞設備完成

2010年2月

成田国際空港に滑走路面凍結監視システムを納入

2011年3月

気象庁10型地上気象観測装置へ風向風速計、気温計等のセンサを納入開始

2012年3月

スリランカ国へ太陽光発電システム向け総合気象観測システムを納入

2013年4月

自己発電式無線風速計の開発、販売開始

2013年8月

NEXCO東日本/北陸自動車道へ全線へ気象観測装置(61式)納入

2014年6月

創業50周年記念行事開催

2014年7月

創立50周年記念「気象・水象・船舶・電源」カタログを発刊

2015年3月

気象庁殿へ降水粒子観測装置を全国10カ所へ納入

2016年2月

ODA案件にてエクアドル国へ気象観測装置40式納入

企業情報